スポンサーリンク

2015年11月16日月曜日

【雑感】行政書士に頼んだのに…というおじさんに出会いました。

今日は、千葉県の入札参加資格審査申請(来年4月からの入札に参加するための名簿への登載の審査の申請)の〆切でした。

うちのお客さんの分でもバタバタしてたとこに、

先週は新規のヘルプが2件入ってきました。

週始めに入ってきた1件目はお受けしましたが、

金曜日に某機関から問い合わせのあった1件はさすがにお断りして、

他の行政書士を当たってくれるようにお願いしました。

大丈夫だったかなぁ。


そんな中、今日は県税事務所で、かわいそうなおじさんに出会いました。

結論から言うと、

8月から行政書士に建設業許可申請を依頼していて、

その行政書士に実費も報酬も先払いしていて、

住民票やら登記簿謄本やらはすべて自分で集めさせられていて、

まだ会社設立してから決算を迎えていないのに

行政書士から「法人事業税の納税証明書を取ってきてください」と言われて県税事務所に来たんだけど、

県税事務所の職員から「決算を迎えていないので納税証明書は出せません」と言われて、

パニックになっていたおじさんです。

職員と揉めていたので、あまりにかわいそうになって、

「あのー、新規設立の許可申請には、県税事務所に出した設立届の写しが納税証明書の代わりになりますよ」と教えてあげたら、

おじさんが上記のことを話してくれました。

行政書士もピンからキリまでいます。

誰と出会うか、誰に頼むかは、運もあれど、その後に大きく影響しますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿