スポンサーリンク

2017年6月16日金曜日

【電子マネー活用】LINE−PAYカード、結構使えます。

こんばんは。瀬戸川です。



あちこちでの電子マネーでの決済が日常的なものになりつつありますが、


最近使い始めて「これ、いいな♪」と思っているものがLINE−PAYカードです。













あのスマホアプリのLINEが運営しているもので、


アプリ経由で銀行口座から、もしくはコンビニのレジなどでお金をチャージしておいて、


JCBが使える店でどこでも使える電子マネーです。


何がいいかというと、これ、100円につき2ポイント付くんです。


1ポイント=1円で、また電子マネーとして再チャージできるので、


10,000円入れて完全に使い切ると、200円分のポイントがつき、


200円再チャージできます。


2%の還元率です。


使うたびに、こうやってお知らせも届きます。





















銀行に預けたって0.0…ウン%しか利息のつかない時代に、


2%つくのはありがたいですね。


TポイントやWAONだって200円につき1ポイントで、0.5%しかつかないですもんね。


いま、私は現金で払うことができたとしても、


できるだけLINE−PAYカードを経由して使うようになりました。



なんたって、2%付くんですもの。




ちなみに、今日、コインパーキングに止めた車を出そうと思ったら、



500円の駐車料金がかかりました。



しかし、私のお財布の中には5,000円札1枚と、100円玉が3個。



あああ、いまからまたコンビニや銀行に崩しに行ってたらまた時間超過しちゃう。。。



そだ!ここ、クレジットカード使えるじゃん。


LINE−PAYカード使えるじゃん。


ということで、コインパーキングで500円払って、10円分のポイントがつきました。



これはオススメです。



しかし、不思議にも、プリペイドカードにお金が入っていると、


現金よりも使う感覚がゆるくなる感覚に襲われます。


いくらポイントが貯まるからといっても、使いすぎに注意ですね。




LINE−PAYカードは、コンビニなどに置いています。


その場でチャージすることで利用し始められます。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿