スポンサーリンク

2018年11月27日火曜日

昨日も今日も、事業の挽回の情報を取りに行く

こんばんは。瀬戸川です。

昨日と今日と、事業再生・会社再建・経営改善の情報を取りに時間を割いておりました。

事業再生・会社再建・経営改善・・・それぞれ段階や状況によって呼び名を分けていることもあるので、ここではひとまとめに「挽回」と呼ぶことにします。

その挽回について、私が「これは!」と感じたものを備忘録的にまとめておきます。
(ここに書いたまとめは、私が普段現場で感じていることも併せて記載しています。
なお、制度・ツール・スキームについてはあえて記載していません。)

①挽回の可能性を検討する。
 挽回のカギは以下の4つ。
 (1)時流に乗れるか?
    (支援者が)助けるだけじゃダメ。企業自身が自力で成長する必要がある。
 (2)革新的な改革ができるか?
    例えば、飲食店で居抜きで営業することはNG。消費者はちゃんと見ている。
    その他、抜本的な改革ができるか。
 (3)キャッシュフロー(資金繰り)に可能性はあるか?
    何事も資金が回らないとショートして終わる。
    リスケや代位弁済によって、資金の流出を防ぎ、損益分岐点に近い売上が上げられるか。
    またその後の営業努力で、返済原資を含めた損益分岐点を超える売上が見込めるか。

 (4)経営者責任が取れるか?
    役員報酬の減額や個人保証など。


②目標を明確に設定する。
 いつまでに、どれだけの利益を生むことができる企業になれるか。
 また、再建した場合の立ち位置や業界のシェアを明確に設定する。
 元に戻すだけでなく、会社を作り直して成長させること。

③挽回には、「意識改革」と「(役員と社員全体の4分の1以上の)火種社員」が必要。
 どんなスキームやツールを用いても、意識が改革できていなければ動かない。
 また、挽回への熱い思いを持った火種社員が一定数以上いなければ、保守派に勝てない。

④意識改革においては「スピード(すぐやる)と徹底(必ずやる、できるまでやる)」が明確でわかりやすく、結果を生みやすい。
 例えば、見積回答は24時間以内に出す。営業最優先の会社にする。
 「速さ」は対顧客でも、対社員でも、感動と共感になる。
 →対応の良さが支持の要素となる。結果と達成感を感じられる。

⑤会社のインフラともいうべき実動部隊が実行できなければ、いくら優れた戦略経営を策定しても挽回を実現できない。
 逆に言えば、挽回の場面では、実動部隊の意識と行動を改革できるだけのリーダーシップが経営者に必要。

⑥組織は人の集まりなので、人を変えないと組織が変わらない。→意識改革の必要性。


まとめは以上です。
挽回を必要とする方がこれを読んで、少しでもヒントになれば幸いです。

2018年11月17日土曜日

「ポジション」は、取引の重要な要素の1つ

おはようございます。瀬戸川です。

取引の上で重要な要素に「ポジション」があります。

どこに立っているか、どの存在位置かによって、信用も、単価も、求められる質も変わってくるから。

単価を上げるには、ポジションを上げる必要がある。

ポジションを上げるには、信用を得る必要がある。

信用を得るには、質を上げる必要がある。

(と、私は思っています。)



なので、特に元請と下請(二次、三次、四次・・・)の関係が強い業種は、
業績改善に繋げる方法として、ポジションを上げることが大きな要素になります。


しかし、急に質を上げることはなかなか難しいようで、
資格者の確保や技術レベル~対応(現場・連絡・書類など)~現場での素行などの細かい点まで、取引相手の求めるレベルに達せられないことも多いのです。



ある日チャンスがやってきて、1つ上の取引相手から声がかかったときに、そのポジションを獲得し、そのポジションを継続できるかどうかは、常日頃からそのチャンスに備えて仕事をしているかどうかなのではないだろうか。
能力や質に天井や限界を決めず、少しでも質を上げることを諦めてはいけない。

そんなことを改めて感じた1週間でした。

2018年11月11日日曜日

予期せぬ経営者談義の結論は・・・。



こんばんは。瀬戸川です。

今日は、朝から夕方まであちこちに移動。


そのうち、仕事を予定していない場所で、ひょんなことから経営者同士の話をすることに。

その談義の結論は、たった数人のどんな小さな事業にも、「プラスα」とか「イノベーション(革新)」が必要だということになりました。
そして、早く動いたもの勝ちだということも。


その社長も売上の上がる新たな要素を取り入れたばかり。

事業をしていく限り、何をしていくべきかは終わりなきテーマです。

革新やプラスαは、本業を深めるものでもいいし、本業に肉付けするものでもいいし、本業との相乗効果を生むものでもいいと思います。

とにかくチャンスがあれば、見栄や意地は捨てて、どんな小さなことでも、1日も早くチャレンジして、モノにする。

目の前にチャンスがあっても、ヒントをもらっても、動かない人の方が多いようです。
だから、動いてそれをモノにするだけでも勝ちになるではないですか。

ダメならやめて、また違うモノにチャレンジしたり、違うアプローチをすればいいだけ。

逆に、「これでいいや」とか「これ以上は無理だろう」と思った時点で、成長は止まり、後退が始まります。


仕事や事業に愛を注ぎ、見限らないことです。


今日はそんな話で盛り上がったのでした。

2018年11月10日土曜日

【事業再生支援】支援者として、一人の人として

こんばんは。瀬戸川です。

先日のブログに書いたように、今週は出張続きですが、非常に濃い情報や思いをたくさん習得することができました。

どちらも事業再生系の勉強会に参加するための出張です。




普段、私が実践している支援との共通点や相違点を確認し、向かうべき方向性を確認しました。

正直、厳しいことに直面することも少なくありません。

今日も会場で再会した仲間に言われました。

「瀬戸川さんは、自分の体の状況も楽ではないのに、なぜそんなに何度も自分を立て直せるの?
ましてや、事業再生支援や経営改善支援をしていれば、心が折れそうになることもあるでしょう。
私は瀬戸川さんや瀬戸川さんの言葉にいつも励まされています。」と。


何て素敵なことを言ってくれるんでしょう!
彼女こそ、私は尊敬しているのに。


確かに、楽な道ではないし、楽なことなんて一つもないし、心も弱ることはしょっちゅうあるし、癒しも必要。
そもそも、人に甘えるのはド下手くそ。
思い通りにはならないけれど、でも、動いてると心身ともに勝手に立ち直ってること多し。
くよくよしてる暇がないからなんだろう。
(ぶっちゃけ「何なんだ?あいつ!」って言われるようになったら本物になってるってことかと思います。)


ただ、仕事に関して言えば、きっとそれ以上の感動や愛があるからやってるんだろうと思っています。

今日の弁護士さんの講演の中でも「愛」という言葉が繰り返し出てきました。

私は、関わるお客様(社長、会社、従業員の皆さん、そのお取引先様)に愛情を持っています。
じゃないと、多分、支援はできません。


苦しいところにいても小さくてもいいから幸せを見つけて欲しいと思うし、頑張りがちゃんと対価として報われるステージに持っていって欲しいと思っています。


自分を癒してくれる存在も必要です。
仲間、友達、家族、わんこ、大切な人。


みんなが幸せになればいい!
というか、幸せを感じられるようであればいい!

そのために私はどの立ち位置で何をすべきか。

この仕事をする限り、永遠のテーマです。

2018年11月9日金曜日

【近況】品川から西へ旅に。そして、来年までの目標。

こんばんは。瀬戸川です。

今週は、事務所にいる時間が本当に少ない週でした。

相変わらず忙しい日々が続いていますが、その中でも私がこのように外出できるのは、
事務所で頑張ってくれているスタッフがいてくれるからこそです。

今週だけで珍しく遠出が2回ありました。
写真は、品川駅の新幹線のりば。


西へ、西へ。

1回目(水曜日)は大阪へ、2回目(明日)は静岡へ。


出張といっても、そこにお客様がいるわけではなく、知識と情報を取りに行くのが目的です。

でも、そこには私と同じ仕事をしている人が集まるので、当然に知り合いもいます。

先日も「あれ?瀬戸川さん、今日もはるばる千葉から?」と声をかけてもらいました。


「動けるうちは動く」が、ここ数年の私のモットーです。

5年前と2年前、動く自由や日常を奪われた経験から、時間の大切さが身に沁みています。



9月の下旬に手帳を買い換えました。

手帳を買うと、私は1ページ目に、その次の手帳を買い換えるまでに達成したい目標を書き入れます。

前回の目標は3つでした。すでに2つ達成していて、もう1つも達成が見えています。
(そのうちの1つは、「認定支援機関になる!」でした。)


今回の手帳に書いた目標のうち幾つかをご紹介します。

「事務所環境を1つ以上改善させる(広さ、家賃、駐車場)!」

「月に1回は遠方へ情報を取りに行く。」

「少しの時間も大切にする!」

などなどです。


今月、事務所の移転をすることが決まったので、
これらの目標のうち、すでに1つは達成したことになります。


残りの目標も、順次達成していこうと思います。
ひとつづつ、確実に。


余談ですが。。。今回も大阪からの復路は寝台列車「サンライズ瀬戸」を使いました。


個室だし、
寝間着も用意してくれているし、
シャワーは320円で使えるし、
洗面所で歯磨きもできるし、
夜行バスより高いけど、夜行バスより快適です。


明け方の小田原。


個室の窓のシェードを開けると、こんな感じです。


それでは!

2018年11月7日水曜日

事務所を移転します。

こんにちは。瀬戸川です。


タイトルを見て、「また?」と思われた方もいるかも知れませんが、はい、また移転します。
多分、これでしばらく移転はないと思います。

今月11月21日より、新たな事務所で営業します。
今の事務所の数百メートル東の、同じ大久保町内、同じ通り沿いにあるビルの3階です。

今の事務所より広く、打合せスペースも独立しており、お客様用駐車場も完備しています。
(今までは、お客様が来られるときだけ、うちの事務所の駐車場を空けていました。)

新事務所の所在地です。
千葉県習志野市大久保2-1-17
丸山ビル304

電話番号・ファックス番号は従来と変わりありません。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

2018年10月23日火曜日

【雑感】この時期に思うこと

おはようございます。瀬戸川です。

私の仕事は楽ではありませんが、自分でやりたいと選んだ道なので苦にはなってないです。

毎年、秋冬は忙しくなります。
今年は平日は毎日10~12時間くらいは仕事に充ててます。
合間に通院やランチをして、土日で挽回したり。
今日も日中は都庁に缶詰めのあと、お客さんを訪問予定です。
(都内でやること全部やってきます。)

首都高速を車で走り回り、私がステージ4のがん患者だなんて誰も思わないでしょうw
私は、自分にやれることがあって幸せだと思ってます。
おかげで、腫瘍マーカーの値も下がってきました。
先日見てもらった手相には、「あなたは仕事で生きるし、生命線がかなり長い。」と出ているそうですw

私は体が動かなくなるまで仕事してると思うし、趣味も楽しむし、子どもたちの活躍もずっと見ていたいし、彼ともあちこち行ってみたいし、生きる気満々です。
生き甲斐はひとつじゃありません。
でも、社会で必要とされるのは、人として何より嬉しいことですね。

で、今日も忙しくなる予定ですが、かつてより楽です。
子どもたちがまだ小学生だったときは、夕方6時にいったん上がって、家でご飯食べさせたり、お風呂入れたり、宿題みたりして、また10時くらいに事務所に戻って夜中1時くらいまで仕事するってことをほぼ毎日繰り返してました。
夜中に車で帰宅中、いきなり車が激しく揺れて「何々!?変質者が飛びかかって来たのか?」と1人でビビったこともありました。(単なる地震でした)
今は優秀なスタッフもいるし、協力業者さんたちにも助けてもらってるし、だいぶ助かってます。

来月は遠方の勉強会にも参加する予定です。
やりたいことは少しずつでもやっていきます。