スポンサーリンク

2019年5月3日金曜日

ビジネスマンの父から息子へ 「苦しかったときの話をしようか」


おはようございます。瀬戸川です。

連休は、ほぼ普通の週末のように家事や事務所の片付け、読書などをして過ごしていますが、娘がバイトも休みで1日空いてるというので、息子も誘って、愛犬チェリーも連れて、鎌倉~江ノ島へ。
久しぶりの親子水入らずで、笑いあったり、語り合ったりして、充実した1日を過ごせました。

さて、私が連休中に読んだ本でちょっといいのがあったので紹介します。

「苦しかったときの話をしようか」森岡毅

(写真に映っているセーラームーンのしおりは、私愛用のしおりのうちの1枚です。)

この本は、USJ復活の立役者であるプロマーケターの森岡さんが、子どもたちに宛てて書きためた文章を本にしたものだそうです。

子どもに宛ててといっても、お子さんたちはもう就職活動をする歳のようで、決して平易な書き方はしていませんが、仕事における精神力の大切さや、弱みより強みを生かすべきこと、避けられなかった試練をどう乗り越えてきたかなどが記されています。

この「あとがき」に、森岡さんが何故こんなことを書き留めていたのかを吐露されています。
これから社会に出て荒波に揉まれながら進む我が子に、少しでも仕事人としての道標を記してやりたいという親心を読み取れました。

いいね、私も我が子に書き留めておこうかな(笑)

我が子に、働く親の気持ちや過程で得た信条などを伝えたいと思ったら、ぜひ一読を。

ちなみに私は森岡さんの著書はこの他に前作3冊を読んでいます。
「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」
「USJを劇的に変えた、たったひとつの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」
「確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力」

仕事人としてはこちらの3冊もお勧めです。

2019年5月2日木曜日

本来の自分でいることをベースに。

こんばんは。瀬戸川です。

大型連休は後半戦に突入ですね。
私の大型連休は、事務所で片づけをしたり、読書をしたり、連休前にお客様方にもらった宿題をやったり、たまに家族で過ごしたり。。。とごくごく普通の週末のような過ごし方をしています。

街の中も「フツー」ですね。
まるで、通常の週末のように、多くの人がショッピングセンターやスーパーに買い物に来ているように見えました。
皆さん、10連休に戸惑っているのか、連休を持て余しているように感じるのは私だけでしょうか。
実際、私は持て余しています。

さて、ちょっと書き留めておきたいことがあったので、ブログを書きます。

当事務所では、毎月1回面談して経営のご相談を受ける顧問先企業があります。
右肩上がりを続けている企業もあれば、再生支援や経営改善支援を必要としている企業もあります。

連休に入る前の26日の金曜日。
月末最後の面談は、そんな顧問先企業で再生支援をしている企業のうちの1社を訪問し、社長と深刻な内容の検討から始まりました。
詳細は省きますが、数時間にわたる検討の末、具体的な一歩に絞り、社長から実践の言葉を取り付けました。
そして、最後は社長とくだらない話題で大笑いして終わることができました。

私は「どんな方法であれ、本来の自分を取り戻し、元気に仕事に向かえるようになればいいのだ。」と思っています。
社長が元気になっても、具体的な一歩に絞れなければダメだし、その逆も足りない。
社長といえど、一人の生身の人間なので、やるべきことがわかっていても、傷を癒せていない心では集中力も欠けてしまいますし、効果も半減してしまいます。
本来の自分でいることをベースにできれば、社長の強みが発揮できるのですけどね。
かといって、私は決まったノウハウを持っている訳ではありません。
私も手探りです。
人の心や状況は、そう簡単なパターンに分けられるわけでもないので。

ちなみに、その面談の翌日、社長は早速にその「一歩」を実践し、私に嬉しい報告を下さいました。
経営改善の小さな一歩が形になったという報告でした。
まだまだ小さな一歩ですが、一歩めが形になるかならないかというのは、その後の加速や目的達成の実現に大きく影響します。
私は社長が一歩を踏み出す気付けをしただけで、踏み出したのは社長自身です。
それまでに社長が築いてきたものがあったからこその実現ですが、それを実現できて本当に良かった。

連休明けに改めて連絡を取る予定です。
私も、どんな苦境でも支えることを諦めませんから。

2019年4月25日木曜日

現金商売の方は、連休前に釣り銭準備と防犯対策を。

こんばんは。瀬戸川です。

今日も面談(相談受け)と移動の繰り返しでした。
明日も同じような感じです。

このまま連休に突入です。


そう、いよいよ10連休が始まりますね。

飲食店や小売業などの現金商売の皆さんは、釣り銭の準備は充分でしょうか。

通常、銀行は営業時間しか両替に対応してないので、そう考えると10日分の釣り銭を準備しておかなければならなくなります。


以前、とある勉強会に参加した情報によると、日本の現金は100兆円分しかなく、マネーストック1300兆円に対して、1割にも満たないとのことです。

電子マネーやクレジット決済が広まり始めたとはいえ、10連休に耐えうる小銭を抱えておくのは至難の技のように思えます。

さらに、店に大量の現金を置くことになるので、空き巣や強盗など、防犯対策も抜かりなく、お気をつけくださいね。

2019年4月24日水曜日

【ゆる雑感】大型連休とか、SNSとか。

こんばんは。瀬戸川です。

今月は仕事もお金も26日までに納めなければなりません。

例えば、当事務所の事務所の家賃や駐車場代、スタッフへのお給料は
毎月末日までに支払うことになってますが、これも26日まで。
もう払い込みました。

例えば、建設業許可業者が行政庁に提出する決算変更届。
12月決算の会社や個人事業主は、今月30日までに提出すれば良かったはずですが、
26日までに出さなければなりません。
うちも、お客様から今日届いた資料に基づいて、今日も2件仕上げました。
特に千葉県は1日でも締め切り日を過ぎると「始末書をつけろ」と言われるので、
依頼を受ける私もプレッシャーを感じます。

大型連休を、バカンス的なイメージで遊ぶことだけ考えてればいい立場であれば気は楽ですが、
お金や人や仕事を回すことを考えなければならない中小企業の経営者の皆さんは、
従来経験したことのない月末月初にハラハラしている方も少なくないと思います。
今日の数件の面談でも、そんな話題が続きました。

ちなみに、私の大型連休はさしてこれといった予定もなく、
娘や娘の友達と遊んでもらったり、友人の芝居を観に行ったり、
その他は事務所に置きっぱなしになっている「積ん読」の本やテキストを読んで
勉強しようかなぁと思っています。

さてさて、あまり真面目なことばかり書いていても・・・と思い、
ちょっとゆるめのことを書こうと思います。


私は、仕事とは無関係に、
趣味の車のことや犬の写真を楽しむ場としてInstagramをやっています。
Instagramは世界単位で写真で繋がるSNSです。

私も我が愛車のDemio繋がりの仲間が増えたり、
保護犬を引き取った里親仲間が増えたりしてます。

しかし、ここにちょっとアクセスしてほしくない方からの執拗なアクセスがあり、
アカウントをブロックしても、別アカウントでアクセスされるので、
仕方なく「非公開アカウント」に変えました。

それで、その非公開アカウントにしたことについて、
繋がっている方に知らせた投稿があるのですが、
そこにとある分野で超有名な方(なぜか私とリアルな面識がある方)から
真面目な対策を指南してくれたコメントがついたりして、
それはそれでちょっと面白いことになっています(笑)

ちなみに、Instagramを非公開にしてから、
このブログのアクセストラフィック(アクセスの経由ルート)は、
Instagramからのアクセスが急増して、トラフィックでは断トツ1位になりました。

従来は、事務所のホームページやFacebookページからのアクセスが多かったのですが、
Instagramのプロフィールに貼られたリンクからのアクセスが増えたということは、
もしかしたら、私のInstagramが非公開になったことで、
少しでも私の近況を知りたくて、こっちのブログを見に来ているのかもしれませんね。

そんなに私のことが気になるんでしょうか。。。
私は自分サイズでちまちま仕事をしている、しがない自営業者ですが。。。
連休も地味に過ごす予定しかありませんw
あ、ちなみにこの方は女性です。
ファンならいいのですが、ちょっと違うようでして。。。
言いたいことがあれば、私に直接メールでもくれたらいいんですけどね。

私もブログやSNSは発信し続けてもうかれこれ15年くらいにはなると思うので、
発信する内容が公になることはわかっていることですし、
それについてコントロールするなら、
発信そのものをコントロールすれば良いことなのですが、
私は辞める気も理由もありません。
その真面目な対策コメントをくださった方の指南もあって、対策もしております。

あ、事業者の皆様は用心されているかと思いますが、
税務調査の際に、調査員はSNSで社長の発信も調べてから来るということを
とある税理士さんから聞きました。
発信した投稿は誰が見るかわかりませんから、お気をつけて。

・・・こんなことを書いてみたものの、何だか後味が悪くなっちゃいましたね。

さて、今月も仕事できるのはあと2日。
明日は3件の面談と訪問先での作業。
明後日も面談が入ってます。

仕事人の皆様、お互い頑張りましょう!


2019年4月22日月曜日

電話?LINE?メール?

こんばんは。瀬戸川です。

今日は、内視鏡検査で、朝から夕方まで病院にいました。

もしもポリープが見つかって、それを切除する場合には1泊の入院が必要になるとのことで、明日まで仕事の予定は入れないでおきました。

しかし、お取引先様や役所は、そんなことは知ったことではありません。
病院にいる間も何度も電話がかかってきました。(8本あったかな?)

全て夕方までに折り返すことができて、何とかセーフ。
ポリープもなかったので、入院せずに帰ってこられました。

LINEやメールという連絡手段はありますし、それらをお客様と使うことももちろんありますが、私の周りはまだまだ電話派が多いです。


さて、今週はさして長距離移動の予定はありませんでしたが、先週は移動と面談の繰り返しが続きました。


この日の走行距離は222.2km。
ゾロ目、出た!

電車移動のメリットは、読書やLINEができること。
それに、メールに添付された資料を確認したり、WEBで調べものをすることもできます。
いわば、仕事のインプットをしたり、前に進めるための準備をすることができます。

ただ、電話が難しい。
電車の乗り継ぎの合間では、時間が短かったり、雑音がうるさかったり、外では機密事項は話せないし。


車移動のメリットは、公共交通機関がない場所での移動時間の短縮と電話(Bluetoothのハンズフリー)ができること。

仕事の時間軸でいうと、即時対応というところでしょうか。
電車移動のメリットであるインプットや準備作業はできませんが、私のお客様はほとんどが電話派で、その問い合わせに即時対応できます。

この日も移動中は何度も電話をしていました。
新規のお客様のご紹介という内容の電話もありました。
この日、もしも電話を受けられなかったら、新規のご紹介も受けられなかったのかな?

私は車移動が合っているようです。


ちなみに、車移動でもAudible(電子書籍読み上げアプリ)を使えば、インプットも可能になりますね。
私もAudibleは入れていて、以前は車の中でも聴いていたのですが、途中で切るのが嫌で、今では車の中ではほとんど起動させていません。

2019年4月17日水曜日

士業の腕の見せ所 ~様式の決められていない文書作成~

こんばんは。瀬戸川です。

現在、顧問先企業のとある文書作成に頭を悩ませています。
はて、どうやって作成したもんか。。。

正直、建設業許可申請書などの決められた様式に、
決められたことを記載することは難しいことではありません。
ちなみに、建設業許可申請業務で一番気を遣うのは、
お客様からのヒアリングのときに、
許可要件を満たせているかという確認と、
その許可要件を満たせていることを書面で証明できる資料がそろえられるか
ということです。

しかし、それ以外の「申立書」や「事業計画書」や「意見書」などの
いわゆる様式(形式)が決められていない文書の作成は、かなり頭を使います。
それは、発想力と知識の両方を必要とするからです。
様式は決められていないけれど、
必要事項やポイントを盛り込んだり押さえたりしていないと、意味をなさないからです。

昔、行政書士業務を修業させていただいた先輩(社会保険労務士と行政書士の資格をお持ちだった女性の先輩でした)に
「こういう文書作成が、士業の腕の見せ所なのよ。」
と言われたことがあります。

私は既述の企業法務の文書だけでなく、
日常的に役所やお客様や金融機関への説明文書を作成しています。
13年もこんな仕事をしていると、文書作成についてはだいぶスキルがついてきたものの、
課題や文書を受け取る相手のトレンドは日々変化しているので、
「より気の利いた文書作成」が求められます。

うーん。。。どうしたもんか。
今回の文書は、もうちょっと練ってから、社長に提案します。


おまけ
写真は、当事務所が仕事を終えて、お客様に書類を納品するときの完成品の一例です。
事務所によっては、写真のように製本テープを貼らないで納品したり、ファイルに閉じないで書類のみを納品するところもあると思いますが、それは事務所の方針に寄りますので、何が良いとか悪いとかはありません。
私は、既述の先輩が、このように製本テープを貼って納品していたので、それを今でも続けています。
教えていただいたことや、他の事務所や他の会社で「それ、いいな♪」と思ったことは続けています。
先輩たちから教えていただいたことは、お客様に還元していくことが、先輩たちへの恩返しだと思っています。
先輩たちの言葉や文化は、しっかり覚えて守っています。


【日経新聞より】成長企業をデータで目利き みずほ、中小にオンライン融資

こんばんは。瀬戸川です。

今日は、茨城県~都内2か所で仕事でした。
しょっぱな、長距離移動の前に「今日はスタンプ倍押しデーだ!」と
欲をかいてガソリンスタンドに寄って給油してたら、
たまたまパンクを見つけ、
長距離移動中のトラブルを未然に防ぐことができました。
パンク自体は残念ですが、本当にラッキーでした。


さて、今朝の日経新聞にこんな記事がありました。

成長企業をデータで目利き みずほ、中小にオンライン融資
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43798440W9A410C1EE9000/

詳しい内容は読んでいただくとして、要は、会計データなどをそのまま審査材料にすることで、早い融資審査が可能となるという記事です。

一見、融資の幅が広がって、良さげに見えますが、
これはよほど会計処理に自信をもってやっている会社じゃないと難しいですね。

紙の決算書(財務諸表)と勘定科目明細書だけでは、
どの取引先にどれだけ何を売ったのかなどがわからず、
それを評価してもらえるというのはたしかに良い面です。

しかし、帳尻だけ合わせているような会計処理をしている会社や
現金管理や原価管理などが雑な処理をしている会社は、
そのほころびをさらけ出すこととなってしまいます。

例えば、役員への仮払い
(役員への未払金の残高がないのに役員に持ち出しているお金など)
がしょっちゅうあって、
決算日だけどこかから引っ張ってきて合わせているような実態があった場合、
紙の決算書だけならそんなことはバレませんが、
会計データに記帳しているものをそのまま提出すれば、
「このお金の使い方はなんだ?」と
かえって不信感を持たせる材料になりかねません。

つまり、こういう動きが広がってきたということは、
お金の管理も会計記帳の方法も評価対象として見られることを
前提にしなければならないということになります。
そして、そもそもこういう会計データに対応できないような
経理処理(紙ベースやエクセルなど)は、
たとえきちんと管理や処理をしていたとしても、
ツールとして使えないということになる場面が増えることでしょう。

以前から、決算書は会社の実態を表現するツールとしての役割がありましたが、
もっと深く中身を見せるツールとして、会計データが活用されるようになってきたという話題でした。