スポンサーリンク

2018年6月1日金曜日

【事務所経営】経営力向上計画策定とか、行政書士のお乗り換えとか。〜5月の総括〜

こんばんは。

今年の5月は忙しい週とそうでない週の差が激しい1ヶ月でした。

仕事の受注量やペースというのはなかなか自分でコントロールできるものではなく、
かといって、余裕のある時はいつもできないことをやっていたりして、
そんなことをしているうちに、ありがたいことにまたお声がかかるので、
そうやって結果として「今月も忙しかったなー。」という感想になります。

そんなことを繰り返して、ちょっと過ぎちゃいましたが、
今年の3月23日で開業して12年ひとまわりが経ちました。

13年めも同じことを繰り返すようで、でももちろん中身は全然違うので、
初心を忘れずとは言いながら、開業してからの前半戦には戻りたくないなぁ〜と
しみじみ思ってたりします。

さて、今月は他の行政書士法人からの、いわゆる「お乗り換え」ご要望のお客様からお問合せがありました。
建設業許可申請について、東京のある行政書士法人に頼んでいたところ、時間ばかりかかって折が合わず、ネットで検索して私を見つけていただき、ご連絡をいただいたとのことでした。
途中まで作られていた書類は「本当に行政書士が作ったのか?」と思うほどペケでしたが、許可要件はクリアされていましたので、足りない資料を用意していただいて、印を貰い直して、実績も一覧表にして、お問い合わせから2週間くらいで千葉県に申請を終えました。
ペケだったのは、千葉のローカルルールを知らなかったからだと思います。
都道府県によってローカルルールは違いますので、私たちも気を遣うところです。

その申請の後、いつもは電話で報告するのですが、今回はなかなか連絡つかず、メールで連絡いれたら、「もう申請されたのですか!早かったですね!社長共々驚いています。ありがとうございました。」というお返事をいただきました。
純粋に嬉しいですし、早く申請できてよかったです。
前の行政書士との時間を埋めるべく、できるだけ早く申請してあげたかったので。

時間がかかるといえば、3月に関東経済産業局に提出したお客様の経営力向上計画の認定がやっと降りてきました。
1ヶ月半かかりました。途中で「まだでしょうか?」と連絡いれましたもの。
他の省庁系だと1〜2週間で降りてくるのに、経産省系はめちゃくちゃ時間がかかっているようです。

しかし、これでお客様も公的なお墨付きのある事業計画がひとつできましたし、
私も中小企業支援者のひとりとして自分のランクアップに本腰を入れるきっかけになりました。

今月は、建設業許可申請、決算変更届、変更届、電気工事業登録申請、経営事項審査、入札参加資格審査申請、古物商許可申請、役員変更手続き、減資手続き、会社設立、経営力向上計画の策定、お客様といつもの経営相談、お客様の取引先についての財務分析、遺言書作成・・・などなど、振り返ってみればいろいろ盛り込んだ1ヶ月でした。
(上記のうち、登記申請が必要な業務については、提携の司法書士事務所に申請をお願いしており、当事務所はその手前の議事録の作成や必要書類の作成を遂行しています。)

今年もあっという間に半分が過ぎようとしていますね。
6月もがんばっていきましょう!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村